剣士の野望と意思

「水」に関して論文や本を書く事になったら、どのようなことを書く?「師匠」の一般的な解説なんかかな。それとも、自分独自の考え方からの意見だろうか。

サイトカテゴリ

騒がしく泳ぐ家族と冷たい肉まん

本を読むことは好きだけど、全部というわけではない。
江國香織さんの文章に凄く魅力を感じる
もう長いこと同じ作品を読み続けているほどだ。
ヒロインの梨果は、8年を共にした恋人の健吾と別れてしまうが、そのきっかけの華子とルームシェアするようになるというとても奇妙なストーリーだ。
ラストは衝撃で、大胆な形だととれるが、最後まで読んだうえで内容を思い出すと「確かに、この終わり方はありえるかもしれないな」というのを匂わせている。
そして、江國香織は言葉選びや登場させるミュージックや、物など、魅力を感じる。
主人公がミリンダを飲むと、読者も飲みたくなるように書かれているし、べリンダ・カーライルや古内東子といった音楽がでてくると私もCDをかけてしまう。
物の比喩の方法が得意なのだ。
他にも、ピンクグレープフルーツそっくりの月...という言葉がどこで作られるのだろう。
文章に虜にされて、深夜に何回も同じ江國香織の文庫本を読んでしまう。
お気に入りの作家さんの小説との夜遅くの時間が夜更かしのきっかけなのだろう。

雲が多い金曜の午後に座ったままで
私の仕事の関係で、日光市へ行くことが非常に多かった。
北関東地方にある日光市は栃木県にあって、海に面していない県で、多くの山々に囲まれている。
そのことから、寒くなると雪が多く、除雪車やチェーンは必須になる。
秋が来ると、東北道で、2泊3日で、帰ってきてからまた2泊3日という生活スタイルが非常に多く、ニュースなどで日光市が登場すると懐かしく思ってしまう程。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い言葉がある位なので、一度は見てきてほしい市だ。
少しだけ紹介させてもらうと、見どころはやっぱり東照宮。
江戸を治めた家康の墓があるところで、境内の立派な様子に驚くことだろう。
さらに、山奥にある奥日光湯元温泉。
硫黄泉らしく、濁っていて、熱めの温泉。
この温泉に来ると冷えも治ると思う。
日光東照宮建立当時、このお湯を目標にたくさんの湯治客が集まったようだ。
様子は思い浮かべられる歴史の深い場所が栃木の日光。
ホテルや民宿の紹介も兼ねて、ツアーブックにたくさん記載されているここに、行ってみようと思っている。

よく晴れた日曜の夕暮れは友人と

本日の体育はポートボールだった。
少年は、球技が苦手だったので、ふてくされて体操服に着替えていた。
おそらく今日は、運動神経のいいケンイチ君ばかり活躍するんだろう。
今日はきっと、運動神経バツグンのケンイチ君の活躍が目だつんだろう。
そうなると、少年憧れのフーコちゃんは、ケンイチ君が活躍するところを見るなるのだろう。
少年はフーコちゃんをチラチラ見ながら、運動場へ歩いていった。
だけどフーコちゃんは、ケンイチ君じゃなくて、少年のほうを何度もチラチラ見ていたのを、少年は気がつかなかった。

陽気に踊る彼と観光地
甘い食べ物がめっちゃ好みで、バウンドケーキや水ようかんなどを自分でつくるけれど、娘が1歳になって作る甘い物が限られてきた。
私たち夫婦がたいそう楽しみながら口にしていたら、娘が自分も食べたがるのは当たり前なので娘も食べられるバウンドケーキを自分でつくる。
自分は、チョコ系のケーキがたいそう好きだったけれども、しかし、子供にはチョコ系などはまだ食べさせたくないのでつくるのを控えている。
ニンジンやバナナをいれた蒸しケーキが栄養的にも良いと考えているので、砂糖とバターをひかえて入れて混ぜて焼く。
笑った顔でうまいと言ってくれたら、たいそうつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
最近、ホームベーカリーも使ってつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

気持ち良さそうに走る彼と擦り切れたミサンガ

チカコとニューヨークのアバクロンビーにショッピングに行った。
本当にAbercrombie & Fitchのカジュアルなコーデが気に入っている。
また、入った時のデザインと、香水の香りが。
3時間程度みて、アバクロンビー&フィッチを後にした。
すると、私は通路をふさいでいたので、ごめんなさい!と言って振り返る。
見たら、店に来ていた男性。
笑って、いいえ、など言われた。
注目したのは、その手荷物。
アバクロンビーでどんだけ買ったの?って疑問が生まれた。
そして、スターバックスで知佳子とその男の人の職業予測で議論をした。
答えは永遠のなぞだけど。

勢いで叫ぶ彼女と横殴りの雪
新人の頃、無知なこともあって、大変なごたごたをひきおこしてしまった。
気にすることはないといってくれたお客さんたちに、感じの良い訂正の方法も考え出せず、涙が出てきた。
若いお客さんが、タリーズのカフェオレをあげる、と言いながらくれた。
トチって2つ頼んじゃってさ、と話しながら全く違うドリンク2つ。
ノッポで細身で、すっごく優しい顔つきをした女性。
悪かったな、と思い返す。

月が見える大安の夕方に友人と

学生時代、父も母も、私の対人関係に対し大いに無理を強いてきた。
平均より遠のいてはダメだ、とも。
非常に生きづらい時代だったと考える。
学校が終了すると、日課のように、作り話を楽しそうに両親に話す。
そうすれば、嬉しがるのだ。
人と外れると、嫌われる。
いつもこんなのだけ思っていた学生時代の自分と両親。
可哀そうな昔だと今は感じる。

風の強い祝日の夜に昔を懐かしむ
かなり昔の学生時代に観賞した作品が、「ビフォアサンライズ」で、邦題は「恋人までの距離」というものだ。
父に、「とてもいい作品」とプッシュされたストーリーだ。
電車内で初めて会ったアメリカ出身のジェシーと、フランス出身のセリーヌで、少しだけオーストリアのウィーンを旅する話。
この映画の他とは違う所は、特にこれといったピンチ、もしくは起承転結の点の部分とか、ほとんど無い部分。
出会ったばかりというこの2人が、恋愛や生きる事や死ぬことについてひたむきに考えを述べる。
まだ中学校3年生だった私は、まだまだ幼く、なんとなく見た映画だった。
時がたち、この前、たまたまDVD屋さんで目に留まり、懐かしいなと思い借りてみたところ、大変感銘を受けた。
特に、レコード店でケイス・ブルームのカムヒアを聞きながら視線を投げあってしまうシーン。
ジェシーとセリーヌの帰国の時、つまり、サヨナラのシーン、そこでラストを迎える。
その時はわからなかったこのシネマ、期間をおいて観賞すると、前回より違った見方ができると思う。
その後、ケイス・ブルームのアルバムを、ツタヤで発見し聞いている。

気分良くダンスするあの子とぬるいビール

休日の暇つぶしに、彫刻の森美術館に行ってから、あの静けさに病みつきだ。
思ってもいなかったのは、一人でのんびり見にきている方もいたこと。
それ以来私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸東京博物館は、企画展がすごくなのでわたしも、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸東京博物館は、期間限定の展示がすごく横須賀美術館は、大好きな谷内六郎の作品の展示が数多くある。
どんな人かと言えば、まさに週刊誌、新潮の表紙絵の芸術家だ。
それ以外でも、江戸村の近くにある、竹久夢二の美術館で、大量のカードを購入したことも。
そんな感じで、美術には常に幸せな時間をいただいている。

悲しそうに吠える父さんと電子レンジ
バースデープレゼントに友達に貰った香水、落ち着いた香り。
私に似合う香水をイメージしてチョイスしてくれたもので、ちっちゃくてリボンの飾りがついていて可愛らしい。
匂い自体も入れ物も大きくいっても派手とは言い難い香りだ。
ストアには多くのボトルが並んでいたのだけど、ひっそりと置いてあった商品。
サイズはほんとに小さい。
小型で重宝している。
外に出る時だけでなく、外へ仕事に出るときもカバンの中に、家での仕事のときも机に必ず置いている。
だから、私のカバンの中はどれもこの香り。
いつでもつけているので、そうでないときは周りに「今日あの香りしないね」と言われる場合もたまにある。
香水ショップにて多くの匂いを試してみるのは好きだけど、この香水は今までで最高に気に入っている香りだ。