横浜市 自己破産 弁護士 司法書士

横浜市に住んでいる人が債務・借金の相談をするならどこがいいの?

債務整理の問題

借金の額が多くなりすぎて返済が苦しい…。
借金を複数抱えているので、債務整理で解決したい…。
もしそう思うなら、できるだけ早く弁護士・司法書士に相談しましょう。
司法書士・弁護士が探してくれる解決策で、毎月の返済が減額したり、督促が止まったり、などといういろんな恩恵を受けられる可能性があります。
最近ではネットで無料相談を受け付けてくれる法務事務所や法律事務所も複数あります。
ここではその中で、横浜市に対応している、オススメの法律事務所・法務事務所を紹介しています。
また、横浜市の地元にある法律事務所や法務事務所もいくつか載せているので、そちらも参考にしてください。
借金問題は、自分だけで解決するのは難しいものです。
司法書士・弁護士の知恵を借りて、最善策を見つけましょう!

横浜市に住んでいる方が自己破産や借金の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

横浜市の多重債務・借金返済問題の相談なら、この事務所がお勧めです。
弁護士対応で、全国対応の弁護士事務所です。
初期費用が無料だから、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
料金の支払は、分割払いでもOK。
相談料はもちろん無料!
借金の督促をストップすることもできます。
自己破産、個人再生、任意整理、過払い金、など、債務・借金に関して無料で相談することができます。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受付してくれます。
フリーダイヤル(電話料無料)で相談を受け付けてくれるので、借金返済で悩んでいる人も今スグ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国対応の、借金悩みを相談できる法務事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、など、自分に合った方法で多重債務・借金の問題を解決に導きます。
また、過払い金の請求は初期費用0円で、取り戻した過払い金から支払を清算できます。
任意整理についても、減額報酬・和解成功報酬などは一切取らないので、安く解決することができます。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性専用の相談窓口もあるので、女性も安心して相談できることでしょう。
まずは無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

横浜市の人が借金・債務整理の相談をするなら、これもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という、インターネット上の診断ツールです。
とてもカンタンな3つの質問に答えるだけで、どう借金を減らすかの方法や、月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり弁護士や司法書士へ直接相談するのは、少し怖い。
そんな方にもピッタリです。
しかも無料で、匿名で利用できます☆
全国対応のサービスなので、横浜市在住の人も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすかが分かる!
  • 月の返済額がいくらになるのか分かる!
  • 無料・匿名で使える!
  • 全国に対応!
借金問題を解決する第一歩として、無料診断ツール、試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
無料&匿名で、借金の診断・相談を。



弁護士へ相談前の注意



他の横浜市近くにある司法書士や弁護士の事務所紹介

他にも横浜市には弁護士や司法書士の事務所があります。参考にしてみてください。


●横浜都筑法律事務所
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央42-21第2佐藤ビル304
045-350-8424
http://tsuzuki-law.jp

●シティ横浜法律事務所
神奈川県横浜市中区常盤町1丁目1宮下ビル6階
045-651-9635
http://city-yokohama.jp

●あおば横浜法律事務所
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央23-11OSセンター南ビル8F
045-949-5552
http://aoba-yokohama.com

●横浜中央法務事務所(司法書士法人)
神奈川県横浜市中区本町5丁目49
045-212-1358

●横浜パーク法律事務所
神奈川県横浜市中区山下町207関内JSビル8F
045-226-2531
http://yokohama-park-law.com

●堀尾法務事務所
神奈川県横浜市中区常盤町ニ丁目12番地ウエルス関内4階
0120-151-745
http://saimuseiri-horio.com

●みなとみらい労働法務事務所
神奈川県横浜市中区住吉町2丁目22松栄関内ビル6F
045-662-6505
http://mmrodo.jp

●弁護士法人泉総合法律事務所横浜支店
神奈川県横浜市西区南幸2丁目20-2共栄ビル6階
045-312-1488
http://springs-law-yokohama.com

●横浜弁護士会
神奈川県横浜市中区日本大通9横浜弁護士会館2F
045-201-1881
http://yokoben.or.jp

●司法書士法人長津田総合法務事務所
神奈川県横浜市長津田5丁目1番13号
045-988-0157
http://nagatsuta-jutakuloan.com

●横浜セントラル法律事務所
神奈川県横浜市西区北幸1丁目11-15
045-324-0433
http://yc-law.jp
弁護士会交通事故個人再生債務整理倒産

●横浜横須賀法律事務所
神奈川県横浜市西区北幸2丁目10-39日総第5ビル10階
045-620-4195
http://yokoyoko-law.com

地元横浜市の司法書士や弁護士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やネットからの無料相談などの方が、気後れせずに相談できる方も多いのではないでしょうか。

多重債務、横浜市に住んでいてなぜこうなった

いくつかの人や金融業者からお金を借りてしまった状況を、多重債務と呼びます。
あっちでもこっちでもお金を借りて、借金の金額も返済先も増えた状態です。
消費者金融で限界まで借りてしまったから、次は別のキャッシング会社で借金。
クレジットカードのリボ払いやキャッシングを限界までして、クレジットカードを何枚も作ったり。
多重債務の状況にまでいったなら、大概はもう借金返済が難しい状態になってしまっています。
もはや、どうあがいてもお金が返せない、という状況。
ついでに金利も高い。
どうにもならない、もうダメだ、と思ったら、法務事務所・法律事務所に相談するのが最良です。
弁護士や司法書士に相談し、今の状況を説明し、解決策を考えてもらうのです。
お金の問題は、司法書士や弁護士知識・知恵に頼るのが最良ではないでしょうか。

横浜市/弁護士に借金の返済相談を電話でする|自己破産

昨今では多くの人が気軽に消費者金融などで金を借りるようになってきています。
こうした消費者金融はテレビCMもしくはインターネットコマーシャルをしばしば放送していて、多くの方のイメージアップに努めてきました。
また、国民的に有名な俳優・スポーツ選手をイメージキャラクターとし利用する事もその方向の一つと言われています。
こうした中、お金を借りたにも関らず暮らしが逼迫しお金を返すことが困難な方も出てます。
そうした方は一般的に弁護士の先生に相談してみることが一番問題開所に近いと言われているのですが、金が無いためなかなかそうした弁護士の方にお願いしてみる事も難しいのです。
一方では、法テラスの様な機関では借金電話相談を料金を取らないでやっている場合が有るのです。又、役所などの自治体でもこうした借金電話相談を行ってる自治体が一部だがあります。
こうした借金電話相談では、司法書士や弁護士がおおむね一人30分ほどですが相談料をとらないで借金電話相談を引受けてくれる為、相当助かるといわれてます。お金をたくさん借金していて払い戻すことがきつい方は、中々余裕を持って考える事が困難と言われているのです。そうした人に相当よいと言えます。

横浜市|自己破産のリスクってどんなもの?/自己破産

率直に言って世間一般で言われている程自己破産のリスクは少ないのです。高価な車・マイホーム・土地等高価格のものは処分されるが、生きる上で必ず要るものは処分されません。
又二〇万円以下の蓄えも持っていてよいのです。それと当面の間の数カ月分の生活するうえで必要な費用一〇〇万未満ならば没収される事は無いでしょう。
官報に破産者の名簿として記載されますがこれもごく一定の人しか見てないでしょう。
又世に言うブラック・リストに記載されて七年間ほどはローン・キャッシングが使用できない状況となるが、これはいたし方無いことでしょう。
あと定められた職種に就けないことがあるでしょう。しかしこれも極特定の限られた範囲の職種です。
したがいまして債務超過で返金する事ができない借金を抱えこんでいるのなら自己破産をするというのも1つの進め方です。自己破産を実行すればこれまでの借金が全く帳消しになり、新しい人生をスタートできると言うことで長所の方がより大きいと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限として司法書士、弁護士、公認会計士、税理士等の資格は取り消されます。私法上の資格制限とし保証人・後見人・遺言執行者にもなれないのです。また会社の取締役等にもなれないでしょう。ですがこれらのリスクはおおよそ関係ない時が多いのではないでしょうか。リスクは余り大きなものではない筈です。