小樽市 自己破産 弁護士 司法書士

小樽市に住んでいる人が借金・債務の相談するならコチラ!

借金返済の相談

借金の金額が多すぎて返済が厳しい…。
債務整理をして、借金の苦しみから解き放たれたい…。
もしもそう思っているなら、すぐに弁護士や司法書士に相談しましょう。
司法書士や弁護士が探してくれる解決策で、督促が止まったり、返済額が減ったり、といういろんなメリットを受けられる可能性があります。
今ではネットで無料相談できる法律事務所・法務事務所もたくさんあります。
ここではそれらの中で、小樽市に対応している、オススメの法律事務所・法務事務所を厳選して紹介しています。
また、小樽市の地元の法務事務所や法律事務所もいくつか紹介しているので、それらも参考にしてください。
借金の問題は、自分だけで解決するのは難しいものです。
弁護士・司法書士の知恵や知識を借り、最善策を探しましょう!

小樽市に住んでいる方が借金・自己破産の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

小樽市の債務・借金返済問題の相談なら、コチラがオススメ。
弁護士対応で、しかも全国対応の弁護士事務所。
初期費用が0円なので、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
料金の支払いは、分割払いの対応も可能です。
弁護士への相談料金はもちろん0円!
借金督促のSTOPもできます。
個人再生、過払い金、任意整理、自己破産、など、借金・債務について無料で相談することができます。
しかも、無料相談窓口では365日24時間、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(電話代0円)で相談受付できるので、借金返済で悩んでいる人も今すぐ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国に対応している、借金や過払いの悩みが相談できる司法書士事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、あなたにピッタリの方法で借金問題を解決に導きます。
また、過払い金の請求は初期費用0円で、戻ってきた過払い金から費用を精算できます。
任意整理も、和解成功報酬・減額報酬などは一切支払わなくてよいので、お得に解決が可能です。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのも強みです。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の方も安心して相談できます。
まずはお気軽に無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

小樽市に住んでいる方が債務整理や借金の相談をするならまず、これもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、ネット上の借金解決のための診断ツールです。
とてもカンタンな3つの質問に答えるだけで、どうやって借金を減らすかの方法や、月々の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、ちょっと怖い。
そんな方にもピッタリです。
しかも、無料で、匿名で利用できます☆
全国対応しているサービスなので、小樽市在住の人も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすか分かる!
  • 月の返済額がいくらになるのか分かる!
  • 無料・匿名で利用できる!
  • 全国対応!
借金解決の第一歩として、無料診断、試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
匿名&無料で、借金の相談・診断を。



弁護士へ相談前の注意



小樽市周辺にある他の司法書士や弁護士の事務所の紹介

他にも小樽市には複数の法務事務所・法律事務所があります。これらも参考にしてください。


●札幌弁護士会小樽支部
北海道小樽市花園5丁目1-1
0134-23-0667

●北潟谷法律事務所
北海道小樽市花園4丁目8-11
0134-23-8989

●柴野昭一司法書士事務所
北海道小樽市花園2丁目8-12
0134-25-2567

●磯部克彦司法書士事務所
北海道小樽市花園3丁目9-14 新川ビル 3F
0134-25-0077

●鹿角健太法律事務所
北海道小樽市稲穂2丁目22-1 小樽経済センタービル 5F
0134-24-8755
http://kazuno-law.jp

●関口正雄法律事務所
北海道小樽市稲穂2丁目11-13 協和稲穂ビル 4F
0134-24-4731

●札幌弁護士会おたる法律相談センター
北海道小樽市稲穂2丁目18-1 高雄ビル 5F
0134-23-8373
http://satsuben.or.jp

●柴田誠一法律事務所
北海道小樽市 2丁目3-5
0134-23-4632
http://ch-re.jp

●司法書士松本久事務所
北海道小樽市富岡1丁目5-20
0134-32-4611

●澤田忠宏税理士事務所
北海道小樽市色内1丁目9-1 松田ビル2階204号
0134-32-0052
http://sawadakaikei.tkcnf.com

●司法書士池田賢事務所
北海道小樽市花園2丁目4-6 安心堂ビル 2F
0134-21-7371

●西尾弘美法律事務所
北海道小樽市花園2丁目6-7 プラムビル 2F
0134-26-6351

●龍山法律事務所
北海道小樽市色内1丁目9-1 松田ビル4階
0134-64-5187
http://sites.google.com

●菰田尚正法律事務所
北海道小樽市稲穂1丁目3-9 カサイビル 4F
0134-24-6511

●佐藤甚兵衛司法書士事務所
北海道小樽市富岡1丁目13-13
0134-23-8288

小樽市にある地元の司法書士や弁護士の事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ただ、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やインターネットでの無料相談などの方が、相談しやすいという方も多いのではないでしょうか。

借金返済や多重債務に小樽市で悩んでいる場合

お金を借りすぎて返済するのができない、このような状態では心も頭もパニックでしょう。
複数のキャッシング会社やクレジットカード会社から借金をして多重債務の状態。
月々の返済だと、金利を支払うだけで精一杯。
これだと借金を返済するのはかなり苦しいでしょう。
自分だけでは返済しようがないほどの借金を借りてしまったならば、まずは法務事務所・法律事務所の門を叩いてみましょう。
司法書士や弁護士に、今の自分の状況を相談し、解決案を探してもらいましょう。
近頃では、相談は無料の法律事務所や法務事務所も増えてきましたので、勇気を出して相談しに行ってみませんか?

小樽市/債務整理は弁護士へ依頼するのがおすすめ?|自己破産

債務整理とは、借金の支払いが滞ってしまった際に借金をまとめる事で悩みから回避できる法律的な方法なのです。債務整理には、任意整理・自己破産・過払い金・民事再生の四種類の進め方があります。
任意整理は、裁判所を介さずに債権者、債務者が直に交渉し、利息や月々の支払額を少なくする手段です。これは、利息制限法と出資法の二種類の法律の上限金利が異なる事から、大幅に減額する事が出来るわけです。話し合いは、個人でも行う事が出来ますが、一般的に弁護士の方に頼みます。経験豊富な弁護士であれば依頼した時点で悩みは解決すると言っても大袈裟ではないでしょう。
民事再生は、今の状態を裁判所に了承してもらい、住宅ローン以外の借金を大幅に圧縮してもらう制度です。このときも弁護士に依頼すれば申立迄できるから、債務者の負担は減少します。
自己破産は、民事再生又は任意整理でも払えない巨額な借金がある際に、地方裁判所に申立てをして借金をチャラにしてもらうシステムです。このような場合も弁護士にお願いすれば、手続も円滑に進むから間違いがありません。
過払金は、本来ならば返す必要がないのにクレジット会社に払いすぎた金の事で、司法書士又は弁護士にお願いするのが普通なのです。
このようにして、債務整理は自分に適合した方法をチョイスすれば、借金に悩み苦しむ毎日から一変し、人生の再スタートをする事が可能です。弁護士事務所によっては、債務整理や借金に関する無料相談を行ってる場合も有りますので、まず、問合せをしてみてはいかがでしょうか。

小樽市|自己破産のリスクってどんなもの?/自己破産

はっきし言って世間一般で言われている程自己破産のリスクは少ないのです。マイホーム・高価な車・土地など高価格なものは処分されるのですが、生きる上で必要なものは処分されないです。
又20万円以下の貯蓄も持っていてよいのです。それと当面数ケ月分の生活に必要な費用一〇〇万未満ならばとられる事はないのです。
官報に破産者のリストとして載るがこれも特定の方しか見ないものです。
また言うなればブラックリストに記載され七年間程の間ローンやキャッシングが使用できない状況となるが、これは仕方ない事でしょう。
あと一定の職種に就職出来ない事もあります。しかしながらこれも極限られた範囲の職種です。
だから債務超過で返済する事が出来ない借金を抱え込んでるのならば自己破産を実施するというのも1つの手段でしょう。自己破産を実行したならばこれまでの借金が全部帳消しになり、新規に人生をスタート出来るという事でよい点の方が大きいと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限として弁護士や司法書士や公認会計士や税理士などの資格は取り消されます。私法上の資格制限とし遺言執行者、後見人、保証人にもなれません。また会社の取締役などにもなれないのです。けれどこれらのリスクは余り関係無い場合が多いのではないでしょうか。リスクはあまり大きなものではないはずです。