宮崎市 自己破産 弁護士 司法書士

宮崎市在住の人が債務整理・借金の相談をするならどこがいいの?

借金の利子が高い

借金の金額が多くなりすぎて返済が厳しい…。
借金を複数抱えているので、債務整理したい…。
もしそう思うなら、できる限り早く弁護士や司法書士に相談しましょう。
司法書士・弁護士が提案してくれる解決策で、督促が止まったり、月々の返済額が減ったり、などというさまざまな恩恵を受けられる可能性があります。
最近ではインターネットで無料相談を受け付けてくれる法務事務所・法律事務所も沢山あります。
ここでは、それらの中で宮崎市にも対応している、おすすめの法律事務所や法務事務所を厳選して紹介しています。
また、宮崎市にある他の法律事務所や法務事務所もいくつか載せているので、それらも参考にしてください。
借金問題は、一人ではなかなか解決できません。
司法書士や弁護士の知識・知恵を借りて、最善策を探しましょう!

宮崎市に住んでいる方が自己破産・借金の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

宮崎市の多重債務や借金返済の悩み相談なら、こちらの事務所がオススメ。
弁護士が対応してくれて、しかも全国対応の法律事務所です。
初期費用が0円なので、手持ちがなくても安心して相談できます。
代金の支払は、分割払いも可能。
弁護士への相談料はもちろん0円!
借金の取り立てをストップすることもできます。
過払い金、個人再生、自己破産、任意整理、など、借金・債務の問題について無料で相談できます。。
しかも、窓口では365日24時間、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(通話料無料)で相談受付してくれるので、お金に困っている人も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国対応の、債務・借金の問題が相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、など、あなたにピッタリのやり方で多重債務・借金の問題を解決していきます。
それと、過払い請求は初期費用0円で、取り戻せた過払い金から費用を精算できます。
任意整理についても、和解成功報酬や減額報酬などは一切支払わなくてよいので、安く解決が可能です。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性も安心です。
まずは無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

宮崎市在住の方が債務整理・借金の相談をするならまず、コレもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネットでできる借金解決のための診断ツール。
簡単な質問に答えるだけで、どう借金を減らすかの方法や、月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、ちょっと不安。
そんな方にもピッタリです。
しかも、無料&匿名で使えます☆
全国に対応しているサービスなので、宮崎市に住んでいる方も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減らす方法が分かる!
  • 月々の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名・無料で利用できる!
  • 全国に対応!
債務・借金の悩み、匿名&無料で相談・診断してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
無料&匿名で、借金の診断・相談を。



弁護士へ相談前の注意



他の宮崎市近くの法律事務所や法務事務所の紹介

他にも宮崎市にはいくつかの弁護士や司法書士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●兒玉総合法律事務所(弁護士法人)
宮崎県宮崎市 2丁目3-21
0985-65-3022
http://kodama-law-office.com

●宮崎県弁護士会
宮崎県宮崎市旭1丁目8-28
0985-22-2466
http://miyaben.jp

●長谷川浩平税理士事務所
宮崎県宮崎市恒久(大字)5244-1
0985-53-4168
http://tax-navi.org

●宮崎中央法律事務所
宮崎県宮崎市旭1丁目3-20 くすの樹ビル
0985-24-8820
http://miyazakichuo-lo.a.la9.jp

●くまもと司法書士事務所
宮崎県宮崎市旭1丁目8-19 楠並木ビル2階
0985-64-8272
http://kuma-office.jp

●蔵田博国司法書士事務所
宮崎県宮崎市旭1丁目6-17
0985-27-8752

●湯浅敏幸司法書士事務所
宮崎県宮崎市旭1丁目7-16 岡林ビル
0985-22-1991

●柏田法律事務所
宮崎県宮崎市旭2丁目2-1
0985-62-0580
http://kashiwada-law.jp

●川野恭嗣司法書士事務所
宮崎県宮崎市瀬頭2丁目8-12
0985-24-1271

●マリンバックス法律事務所
宮崎県宮崎市宮田町10-25 宮田町ビル 4F
0985-27-8441
http://marinebacks-lawoffice.jp

●門前吉起司法書士事務所
宮崎県宮崎市旭1丁目7-20
0985-27-3547

●M田諭法律事務所
宮崎県宮崎市旭1丁目6-29
0985-23-0630
http://hamada-law.jp

●宮崎県公共嘱託登記司法書士協会
宮崎県宮崎市旭2丁目2-2
0985-28-4325

●よこやま司法行政事務所
宮崎県宮崎市上野町2番41号アクトV201号
0985-35-7751
http://officeyokoyama.jp

●えいらく法律事務所(弁護士法人)
宮崎県宮崎市 182-6 (初回法律相談無料。駐車場有り)
0985-23-1355
http://eiraku.lawyers-office.jp

●弁護士法人みやざき
宮崎県宮崎市別府町2-12 宮崎建友会館 4F
0985-27-2229
http://lawyer-miyazaki.jp

宮崎市にある地元の弁護士・司法書士の事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ただ、直接相談よりも、インターネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、気軽に相談できる方も多いのではないでしょうか。

宮崎市で多重債務、どうしてこうなった

キャッシング業者やクレジットカードのリボ払いなどは、ものすごく高額な金利がつきます。
15%〜20%もの利子を払うことになってしまいます。
住宅ローンの金利は0.6%〜4%(年間)ほど、車のローンも年間1.2%〜5%ぐらいですから、ものすごい差があります。
しかも、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに利子を設定しているような消費者金融だと、なんと金利0.29などの高い金利をとっていることもあります。
非常に高額な利子を払い、しかも借金は増えていく一方。
お金を借りたのは自己責任なので仕方ないのですが、金利が高くて額も大きいとなると、返済するのは難しいでしょう。
どのようにして返済すればいいのか、もうなにも思いつかないのなら、法律事務所や法務事務所に相談してはどうでしょう。
弁護士や司法書士なら、借金返済の解決策を捻り出してくれるでしょう。
長期返済の計画になるかもしれませんし、過払い金返還で返す金額が減額するのかもしれません。
まずは相談、これが解決のための始めの一歩です。

宮崎市/債務整理は弁護士へ依頼するのがおすすめ?|自己破産

債務整理とは、借金の返金が大変になったときに借金をまとめる事でトラブルの解消を図る法的な方法なのです。債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産、過払い金の四つのやり方があります。
任意整理は、裁判所を通さないで債務者と債権者が直に話合いを行い、利子や毎月の支払金を圧縮する手段です。これは、出資法・利息制限法の二種類の法律上の上限利息が違っている事から、大幅に減額することが出来るわけです。交渉は、個人でも行うことが出来ますが、一般的に弁護士さんに依頼します。キャリアの長い弁護士の方ならば頼んだその時点で問題から回避できると言っても大袈裟ではありません。
民事再生は、今現在の状態を裁判所に了承してもらい、住宅ローン以外の借金を大幅に減額してもらう仕組みです。このときも弁護士の方にお願いしたら申立迄行う事が出来るから、債務者の負担は減ります。
自己破産は、任意整理、民事再生でも支払出来ない巨額な借金がある際に、地方裁判所に申したてて借金をチャラにしてもらうシステムです。このような時も弁護士さんにお願いすれば、手続きも快調で間違いがないでしょう。
過払い金は、本来なら返済する必要がないのに貸金業者に払いすぎた金のことで、司法書士や弁護士に頼むのが一般的なのです。
こうして、債務整理は貴方に合った手法を選択すれば、借金の悩みしかない日々を脱することができ、再出発をすることもできます。弁護士事務所によって、借金又は債務整理について無料相談を受けつけている場合も在りますので、まずは、尋ねてみてはどうでしょうか。

宮崎市|借金の督促は無視しても大丈夫なの?/自己破産

皆さんがもしも信販会社などの金融業者から借入をして、返済日にどうしてもおくれたとしましょう。その際、先ず確実に近々にクレジット会社などの金融業者から支払の要求メールや電話があるだろうと思います。
要求のメールや電話をシカトする事は今では容易に出来ます。業者の番号と事前に分かれば出なければ良いのです。また、その催促の連絡をリストアップして拒否する事ができます。
しかしながら、その様な手法で一瞬安堵しても、其の内に「返済しなければ裁判をすることになりますよ」などというように催促状が来たり、又は裁判所から支払督促もしくは訴状が届くでしょう。其のような事があっては大変なことです。
従って、借入の支払期限につい間に合わないら無視をしないで、しかと対処する様にしましょう。貸金業者も人の子です。だから、少しくらい遅くても借金を払う気があるお客さんには強引な方法を取ることは恐らく無いのです。
じゃあ、返したくても返せない際はどうしたらいいでしょうか。やっぱり数度に渡り掛けて来る催促の連絡をシカトするしか外にはなんにもないだろうか。其の様なことは決してありません。
先ず、借り入れが払戻できなくなったら即刻弁護士に相談又は依頼してください。弁護士の方が仲介した時点で、消費者金融などの金融業者は法律上弁護士の方を通さないで貴方に連絡を取れなくなってしまいます。業者からの催促のメールや電話が止む、それだけでも精神的にたぶんゆとりが出て来ると思います。そして、詳細な債務整理の手法について、其の弁護士と打ち合わせをして決めましょう。