杉並区 自己破産 弁護士 司法書士

債務整理・借金の相談を杉並区在住の人がするなら?

債務整理の問題

自分だけではどうしようもならないのが、借金返済・債務の問題です。
金額が大きくなってしまい、金利くらいしか返済できない。
借金返済に関しては、一人で悩んでいても解決するのは難しいでしょう。
杉並区に住んでいる方も、まずはインターネットの無料相談で、弁護士・司法書士に相談してみませんか?
いきなり事務所に出かけて直接相談するよりも、インターネットの無料相談の方が、気後れなく相談できるのではないでしょうか。
もちろん、杉並区の人でもOKな法務事務所・法律事務所を紹介しています。
1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に相談することが、借金問題解決への第一歩です。

杉並区に住んでいる人が自己破産・借金の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

杉並区の債務や借金返済解決の相談なら、こちらがおススメ。
弁護士が対応してくれる、全国に対応している法律事務所です。
初期費用が無料なので、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
代金の支払は、分割払いも可能です。
相談料金はもちろん無料!
借金の督促をSTOPするのもできます。
個人再生、任意整理、過払い金、自己破産、など、債務に関して無料相談できます。。
しかも、24時間365日、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(電話代金0円)で相談受付が可能なので、借金返済で悩んでいる方も今スグ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国対応の、借金や債務の問題を相談できる司法書士事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、あなたに適した方法で借金や多重債務の問題を解決に導きます。
それと、過払い請求は初期費用0円で、取り戻した過払い金から料金を支払えます。
任意整理も、和解成功報酬・減額報酬などを一切支払わなくてよいので、安く解決が可能です。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性でも安心です。
まずはお気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

杉並区に住んでいる方が債務整理・借金の相談をするなら、まずこれもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という、インターネットを使った借金の診断ツール。
とてもカンタンな質問に答えるだけで、借金を減らす方法や具体案、毎月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士へ直接相談するのは、ちょっと気後れする。
そんな方にもピッタリです。
しかも無料で、匿名で利用できます☆
全国対応のサービスなので、杉並区在住の方も安心です。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • 借金減額のための方法が分かる!
  • 月の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 匿名・無料で利用できる!
  • 全国に対応!
債務・借金の悩み、匿名&無料で相談・診断してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談・診断を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



他の杉並区周辺にある弁護士・司法書士の事務所の紹介

杉並区には他にも複数の弁護士・司法書士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●司法書士新井法務事務所
東京都杉並区高円寺北4丁目30-11
03-6676-3740
http://arai-legaloffice.com

●小関司法書士事務所
東京都杉並区梅里2丁目40-18 第3志村ビル203
03-5913-7452
http://koseki-shiho.com

●久我山司法書士事務所
東京都杉並区久我山4丁目2-29 リベスト久我山ビル301
03-6427-8831
http://kugayama.biz

●司法書士・行政書士 小室事務所
東京都杉並区阿佐谷南3丁目1-22 ハイツ山幸1階
03-5347-4702
http://komuro-office.jp

●阿佐ヶ谷南司法書士行政書士事務所
東京都杉並区成田東5丁目39-11
03-6765-0004
http://asagayaminami.jp

●平田祐子司法書士事務所
東京都杉並区天沼3丁目7-3
03-5347-4861
http://shiho-tlc.com

●司法書士けやき総合法務事務所
東京都杉並区阿佐谷南3丁目1-33
03-5347-3801
http://keyaki-legal.com

●阿部司法書士事務所
東京都杉並区阿佐谷北2丁目15-18 第一横川ビル阿佐谷女子ハイツ 2F
03-5373-5313
http://abe-shoshi.com

●鎌田司法書士事務所 ライトコード
東京都杉並区荻窪5丁目17-11
03-6915-1276
http://kamata-rightchord.jp

●サン合同事務所方南町(司法書士法人)
東京都杉並区方南2丁目12-14
03-3311-7087

地元杉並区の司法書士や弁護士の事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ただ、「診断シミュレーター」やインターネットでの無料相談の方が、不安なく相談できるという方も多いのではないでしょうか。

借金返済や多重債務に杉並区在住で弱っている場合

クレジットカードの分割払いやキャッシング業者等は、とても高い金利が付きます。
15%〜20%もの利子を払う必要があります。
住宅ローンだと0.6%〜4%(年間)ほど、マイカーローンの場合も年間1.2%〜5%ほどですから、すごい差があります。
しかも、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに利子を設定するような消費者金融だと、利子が0.29などの高利な利子を取っていることもあります。
とても高利な金利を払いつつ、借金はどんどん増える。
借金を増やしたのは自分の責任なので仕方ありませんが、高利な金利で金額も多いという状態では、完済は大変なものでしょう。
どうやって返済すべきか、もうなにも思い付かないのなら、法律事務所・法務事務所に相談してみてはいかがでしょう。
弁護士や司法書士なら、借金・お金問題の解決策を捻り出してくれるでしょう。
長期返済の計画になるかもしれませんし、過払い金を返してもらって返す額が減額するのかもしれません。
まずは相談、これが解決のための始めの一歩です。

杉並区/借金の減額請求とは?|自己破産

多重債務などで、借金の返済が困難な実情に至った場合に効果のある手段の1つが、任意整理です。
現状の借入れの状態を改めて確認し、過去に利息の支払いすぎなどがあるならば、それを請求する、若しくは現状の借金とプラマイゼロにし、さらに現状の借り入れにつきまして将来の金利を縮減してもらえる様にお願いできる手段です。
只、借入れしていた元本については、まじめに払戻をしていくということが土台であり、利息が減額された分、以前よりもっと短期での返済がベースとなってきます。
ただ、利息を支払わなくて良い代わり、月ごとの払戻し額は減額するので、負担が軽くなると言うのが通常です。
ただ、借り入れをしてるローン会社などの金融業者がこのこれから先の利子に関する減額請求に対処してくれなきゃ、任意整理はきっとできません。
弁護士の方などの精通している方に頼めば、絶対減額請求が通るだろうと思う人も大勢いるかもしれませんが、対応は業者によって多種多様で、対応しない業者もあります。
ただ、減額請求に応じない業者は物凄く少数なのです。
従って、現に任意整理をやって、業者に減額請求をやる事で、借入れの悩みが随分減ると言う人は少なくありません。
実際に任意整理が出来るのだろうか、どれ位、借入の返金が減るか等は、先ず弁護士の方等その分野に詳しい人に相談するということがお奨めでしょう。

杉並区|自己破産のリスクって?/自己破産

はっきり言えば世間で言われるほど自己破産のリスクはそんなに多くないです。土地・マイホーム・高価な車など高価値のものは処分されるのですが、生活する上で必要な物は処分されないのです。
また20万円以下の預貯金も持っていていいです。それと当面数か月分の生活費100万円未満ならば取り上げられる事はないでしょう。
官報に破産者の名簿として載るがこれも僅かな方しか見ないのです。
またいわゆるブラックリストに載ってしまい七年間ぐらいの間はキャッシングやローンが使用できない情況となりますが、これは仕方のないことです。
あと一定の職種に就けなくなるという事もあるのです。しかしこれもごく限られた範囲の職種です。
ですので債務超過で返す事の不可能な借金を抱えているのであれば自己破産を実施すると言うのもひとつの方法なのです。自己破産を行えば今までの借金が全くなくなり、新しく人生を始められると言う事でよい点の方が大きいと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限として税理士や公認会計士や弁護士や司法書士などの資格は取り消されます。私法上の資格制限とし遺言執行者・後見人・保証人にもなれません。又会社の取締役などにもなれないです。しかしこれらのリスクはほぼ関係ない場合が多いのではないでしょうか。リスクはあまり大きなものじゃない筈です。